【滋賀・観光】映画『るろうに剣心』シリーズ ロケ地聖地巡礼ガイド

こんにちは! 楽しく遊んで学力を伸ばす情報を紹介する@activekidsueduです 。今回は、滋賀県内にある映画『るろうに剣心』シリーズ ロケ地聖地を紹介します。
『るろうに剣心』の世界を体験できるスポットがいっぱいです。ぜひチェックしてくだいさいね。このサイトの最新の情報は@activekidsueduをフォローしていただくとお届けできます。ぜひフォローをお願いします。

滋賀県には自然豊かな景観や歴史あふれる建物が多く、様々な映画やドラマのロケ地となってきました。中でも2012年よりスタートした映画『るろうに剣心』シリーズは、現在大ヒット上映中の『るろうに剣心 最終章 TheFinal』、2021年6月4日より公開のシリーズ最終作『るろうに剣心 最終章 The Beginning』までの全5作品で滋賀県のロケ地が登場しています。ロケ地のほか、映画に登場するキーアイテムを楽しめる
滋賀県内のスポットも紹介します。

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』のあらすじ

動乱の幕末。緋村剣心は、倒幕派・長州藩のリーダー桂小五郎のもと暗殺者として暗躍。血も涙もない最強の人斬り・緋村抜刀斎(ひむらばっとうさい)と恐れられていた。ある夜、緋村は助けた若い女・雪代巴(ゆきしろともえ)に人斬りの現場を見られ、口封じのため側に置くことに。その後、幕府の追手から逃れたため巴とともに農村へと身を隠すが、そこで、人を斬ることの正義に迷い、本当の幸せを見出していく。
しかし、ある日突然、巴は姿を消してしまう。彼女の後を追う剣心だったが、そこには幕府の陰謀と、数々の罠が仕掛けられていた。満身創痍でたどり着いたその先での衝撃の結末とは。− <十字傷>に秘められ
た真実がついに明らかになる。

国の重要文化財にも指定されている寺院「弘誓寺(ぐぜいじ)」

登場作品:『るろうに剣心 最終章 The Beginning』

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている五個荘金堂地区の中にある寺院。比叡山根本中堂に次ぐ県下2番目の大きさを誇ります。近江商人ゆかりの古刹で、源平合戦で源氏側の武将として活躍した那須与一の孫である愚咄(ぐとつ)を開祖として1290年に創建され、現在の本堂は1755年に高木作右衛門によって再建されました。本堂は国の重要文化財にも指定されています。映画では、巻町操と住職が会話するシーンで登場しています。

●所 在 地 :東近江市五個荘金堂町615
●アクセス:JR「能登川駅」よりバス乗車、「金堂」下車すぐ
●問合せ先:0748-48-2747

室町時代の社殿群が現存する国の重要文化財「油日神社」

登場作品:『るろうに剣心 最終章 The Beginning』

甲賀市にある油日神社は、室町時代の神社建築がまとまって現存する県下で数少ない神社。楼門・東回廊・西回廊・拝殿・本殿はいずれも国の重要文化財に指定されています。とりわけ、楼門・拝殿・本殿が一直線に並ぶ参道からの眺めは、思わず息を呑んでしまうほどの美しさを誇ります。その社名通り、油の火の神として全国の油業界をはじめ、多くの人々の信仰を集めています。
映画では、剣心の運命を大きく左右する重要な回想シーンの舞台となりました。

●所 在 地 :甲賀市甲賀町油日1042
●アクセス:JR「油日駅」より徒歩約30分
●問合せ先:0748-88-2106
●参考URL:https://www.aburahijinjya.jp/
https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/551/
弘誓寺のある五個荘金堂地区は、
鯉が泳ぐ風情ある場所

当時の景観がそのまま息づく荘厳な雰囲気が漂う廃寺「安楽律院」

登場作品:『るろうに剣心』(1作目)『るろうに剣心 伝説の最期編』

比叡山の鬼門を守る「叡山三魔所」の一つである飯室谷にあり、985年に叡桓によって開祖されたと伝えられます。江戸時代には、戒律主義を唱えた僧侶、妙立、霊空ら安楽律一門が暮らしていました。1949年に火災により本堂や鐘楼などが消失し、現在は廃寺の状態ですが、苔むした石段や石塔、境内は今なお荘厳な雰囲気が漂っています。自然に囲まれた神秘的な場所で、パワースポットとしても知られています。
1作目のクライマックスである剣心と鵜堂刃衛の死闘が撮影された場所。「伝説の最期編」では、志々雄真実を倒すため、剣心の師匠である比古清十郎に飛天御剣流の「奥義」を伝授してもらうための修行シーンが撮影された場所でもあります。

●所 在 地 :大津市坂本本町4239
●アクセス:JR「比叡山坂本駅」よりバス乗車、
「西教寺」下車後、徒歩約40分
●問合せ先:077-578-0001(比叡山延暦寺)
●参考URL:https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/23033/

「勇壮な佇まいが残る国宝彦根城」

登場作品:『るろうに剣心 伝説の最期編』

井伊家の居城として約20年の歳月をかけて築城され、姫路城、松本城、犬山城、松江城とともに天守が国宝に指定されている名城の一つ。天守をはじめ、重要文化財の櫓、城を囲う内堀・中堀など、極めて保存状態の良い城跡として有名です。城の北東にある大名庭園「玄宮園」も見どころの一つ。
玄宮園前の内掘では、瀬田宗次郎が白壁を飛び越え、走る馬車に飛び乗り、大久保利通を襲撃するシーンが撮影されました。

●所 在 地 :彦根市金亀町1-1
●アクセス:JR「彦根駅」より徒歩約15分
●料 金:一般800円、小・中学生200円
(展示観覧料として)
●休 日:無休
●問合せ先:0749-22-2742(彦根城運営管理センター)
●参考URL:https://hikonecastle.com/

近江商人の繁栄を感じさせるスポット「八幡堀」

登場作品:『るろうに剣心』(1作目)『るろうに剣心 伝説の最期編』

安土・桃山時代に豊臣秀吉が城を築き、その城下町として栄えた近江八幡の一大動脈。この堀は湖上を往来する船を城下に寄港させ、近江商人の発展とまちの繁栄に大きな役割を果たしたことで、江戸時代後期には大津と並ぶにぎわいを見せていたといいます。
映画一作目の冒頭、明治の時代になり安らかな表情の剣心が手漕ぎ船に乗って登場するシーンが撮影されました。ほかにも映画に登場する「神谷道場」の周辺という設定で、度々印象的なシーンが撮影されました。

●所 在 地 :近江八幡市宮内町周辺
●アクセス:JR「近江八幡駅」よりバス乗車、
「大杉町八幡山ロープウェー口」下車すぐ
●問合せ先:0748-33-6061(近江八幡駅北口観光案内所)
●参考URL:

映画に登場する牛鍋を思わせるすきやきに自信あり「まるたけ近江西川」

八幡堀にお店を構える「まるたけ近江西川」は、1階が精肉店、2階がレストランの近江牛専門店。映画のロケ地ではありませんが、劇中で登場している牛鍋を思わせるすきやきを提供しています。もちろんお肉は近江牛で、飼育・精肉加工・販売まで一貫体制を敷いているからこそ生み出せるこだわりの味に自信があります。ロケ地巡りとともに、映画に似たメニューも味わえます。


●所 在 地 :近江八幡市仲屋町中17
●アクセス:JR「近江八幡駅」よりバス乗車、
「大杉町八幡山ロープウェー口」下車、徒歩5分
●営業時間:<平日>ランチ 11:00〜15:00
ディナー17:00〜20:00
<土・日・祝日>11:00〜20:00
※L.Oはいずれも19:00
【精肉店営業時間】9:30〜19:00
●定 休 日 :火曜日
●問合せ先:0748-32-2336
●参考URL:https://www.oumi-marutake.jp/
近江牛すきやき御膳一人3,850円(税込)


お出かけクーポンを探そう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: amazon%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%8A%E5%BE%97%E3%81%AB%E8%B2%B7%E3%81%84%E7%89%A9%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95-1.png

遊園地や水族館、動物園はもちろんアスレチックやレストランへ出かけるときも、お出かけ前はクーポンをチェック!

お得にお出かけしちゃいましょう!

お出かけクーポン

お得な宿泊情報はじゃらんでチェック!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 60.gif

お得に「コンセプトルーム」を予約!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

ページ上部へ戻る