ドールハウスが12分の1になったのは、メアリー王妃のドールハウスが起源

ドールハウスの最高峰といわれるメアリー王妃のドールハウスは実物の12分の1で作られたことから、ドールハウスは実物の12分の1で作られることが多くなりました。

メアリー女王のドールハウスは、ミニチュアに魅せられた妻のためにジョージ5世が行った専門家を集めた国家規模のプロジェクトで、実際に動く五階建エレベータや、本物のロールスロイス、蛇口をひねるとお湯が出る本物の給湯器などが設置された素晴らしいものでした。

日本では物を測る単位にメートルを用います。そのために日本の建築や模型の世界で実物大の単位であるメートルをセンチやミリに縮小すると、100分の1や1,000分の1のような縮尺になります。

一方欧米ではフィート(1フィート=約30センチ)やインチ(1インチ=約2.5センチ)といった単位を使います。その場合、1フィートのものを1インチで作ると、縮尺は12分の1となります。

アメリカのドールハウスは、インチ・スケール(1/12)、ハーフ・インチ・スケール(1/24)、クォーター・インチ・スケール(1/48)というサイズがあります。アメリカンのコレクターたちは、こういった縮尺に厳しく、これらのサイズではないものをドールハウスと区別しています。

注目の「ドールハウス」をチェック!

緑の大きな窓がポイントのアトリエ。インテリアとしてミニチュアハウスがアトリエ内に隠れています。【対象年齢14歳〜 18時間~】

ミニチュアハウス・ウッドパズルの完成品展示にオススメ! 展示用アクリルケース!

大きな窓から差し込む光に包まれた、カジュアルゴシックなベッドルーム。【14才〜 20時間~】

activekidsにににこママ研究員(子供遊び・学びHACK!研究所)

投稿者プロフィール

子供の教育、おでかけ関係のメディアを20年にわたり運営しています。実際に取材したおでかけ先は200を超えます。
親子のお出かけや学びが豊かになる情報を発信していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 子供映画特集
  1. 子供映画特集

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

ページ上部へ戻る