【2022年の連休・祝日をチェック】令和4年はどのぐらい休日があるの? 

連休や祝日は早めにチェックして予定を入れて思いっきり遊びたいですよね! そのために知っておきたい2022年の連休や祝日を徹底的に紹介しちゃいます! 早めに情報をゲットして充実した2022年(令和4年)にしちゃいましょう!

2022年の「大型連休」、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み(お盆休み)、シルバーウィークはどのぐらい?

年末年始は6連休前後、ゴールデンウィークは最大10連休です。6月、11月、12月は連休がありません。

詳しくチェックしていきましょう。

【年末年始】2021年/令和3年12月~2022年/令和4年1月

2022年の1月1日は土曜日です。1日(土曜日)、2日(火曜日)の週末の前後をどう休むかで連休の長さが変わります。

2021年12月29日(水曜日)から2022年1月3日(月曜日)まで休むと6連休になります。

また、1月10日(月曜日)が成人の日のため、1月8日(土曜日)9日(日曜日)10日(月曜日)となり3連休になります。

どう休むのか悩みどころですね。

2022年・令和4年【2月】3連休あり

2022年(令和4年)2月11日(金曜日)は建国記念日。12日(土曜日)、13日(日曜日)と合わせて3連休になります。

また、 2022年(令和4年) 2月23日(水曜日)は天皇誕生日です。前後を休んで連休を作ることができます。

2022年・令和4年【3月】3連休あり

2022年(令和4年)3月21日(月曜日)は春分の日です。3月19日(土曜日)、20日(日曜日)と合わせて3連休になります。

2022年・令和4年【4月】 3連休あり

2022年(令和4年)4月29日(金曜日)は昭和の日です。4月30日(土曜日)、5月1日(日曜日)と合わせて3連休になります。

5月のはじめの連休とつなげていくとさらに長い連休になります。

2022年・令和4年 【5月】ゴールデンウィーク  3連休あり、最大10連休も

前月の4月終わりの29日(金曜日)、30日(土曜日)と続けて5月1日(日曜日)が3連休になります。

また、5月3日(火曜日・憲法記念日)、5月4日(水曜日・みどりの日)、5月5日(木曜日・こどもの日)で3連休になります。

5月2日(月曜日)お休むと7連休に、さらに6日(金曜日)を休むと10連休になります。

2022年・令和4年 【6月】 連休なし

連休はありません。

2022年・令和4年 【7月】3連休あり

2022年(令和4年)の7月18日(月曜日)が海の日のお休みです。7月16日(金曜日)7月17日(日曜日)とつなげると3連休になります。

2022年・令和4年【8月】 お盆休み 連休はなし

8月11日(山の日)は木曜日です。連休にはなりませんが、12日(金曜日)をお休みして8月11日~14日を4連休にする人が多そうです。

2022年・令和4年【9月】 シルバーウィーク  3連休2回あり

9月19日(月曜日)が敬老の日です。17日(土曜日)、18日(日曜日)と続けて、9月17日~19日が三連休になります。

また、9月23日(金曜日)が秋分の日となります。9月23日~25日も3連休となるため、9月は3連休が2回あります。

2022年・令和4年 【10月】3連休あり

10月10日(月曜日)がスポーツの日です。10月8日(土曜日)10月9日(日曜日)と合わせて3連休です。

2022年・令和4年 【11月】連休なし

11月3日(文化の日・木曜日)、11月23日(勤労感謝の日・水曜日)がありますが、連休はありません。

2022年・令和4年 【12月】連休なし

連休はありません。

関連記事

コメントは利用できません。

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

ページ上部へ戻る