南町田グランベリーパーク完全ガイド!遊び場や体験全網羅 グランベリーモールから大規模リニューアル

こんにちは! 楽しく遊んで学力を伸ばすお出かけ先を紹介する、「あたまが良くなる『お出かけ情報局』編集部(@activekidsuedu)です。2019年11月にオープンした「南町田グランベリーパーク」の魅力や楽しみ方を徹底紹介します。

「南町田グランベリーパーク」とは? 

町田市と東急株式会社などが 運営に携わる「南町田グランベリーパーク」という街は大きく3つのエリアに分かれています。

「南町田グランベリーパーク」駅の目の前には、アウトレットなどのある大規模ショッピングモール「グランベリーパーク」があり、その向こうには、大型アスレチック遊具やスポーツ施設のある「鶴舞公園」や、「スヌーピーミュージアム」などがある「パークライフ・サイト」が広がっています。

【「南町田グランベリーパーク」の3つのエリア】
①ショッピングモール「グランベリーパーク
②「スヌーピーミュージアム」のある「パークライフ・サイト
③大型アスレチック遊具のある「鶴間公園

「南町田グランベリーパーク」のアクセス/「南町田グランベリーパーク駅」目の前

電車やクルマでのアクセスを紹介します。

電車で「南町田グランベリーパーク」へ/渋谷から東急田園都市線で約25分

「南町田グランベリーパーク駅」までは、「渋谷駅」からは急行で約33分。JR「町田駅」からは小田急線「中央林間駅」で東急田園都市線に乗り換えて約15分です。

横浜方面からは、JR「新横浜駅」から横浜線に乗り、「長津田駅」で東急田園都市線に乗り換えて約20分です。

クルマで「南町田グランベリーパーク」へ/横浜町田 I.C から1kmほど

東名高速道路の「横浜町田I.C」から1kmほどです。国道16号線を経由して、渋滞しなければ10分ほどの距離です。

「南町田グランベリーパーク」の駐車場・パーキング/「グランベリーパーク」の駐車場を利用

商業施設「グランベリーパーク」と、「鶴間公園」にはそれぞれ駐車場を完備しています。

「グランベリーパーク」の駐車場は、平日の最初の2時間と休日の最初の1時間が無料で以降30分ごとに250円加算され、「鶴間公園」の駐車場は、 最初の1時間が無料で、以降30分ごとに200円かかります。

「南町田グランベリーパーク」の営業時間/施設により異なる

【営業時間】
10時〜20時 (飲食店の一部~22時まで、早朝からオープンの店舗あり)
【休館日】
なし

「南町田グランベリーパーク」の混雑情報・空いている時間/休日は午前中から混み合う

休日も平日も午前中から混み合いますが、「スヌーピーミュージアム」などは平日は予約でチケットが売り切れてしまうことはまれです。

平日でも朝から行列ができているのは「ケンタッキーフライドチキン」の食べ放題の店舗や、「ギャザリングマーケット」にあるカレーパン屋さんなどです。

多くの飲食店が店頭オンラインのウェインティング管理端末を設置して案内をしています。

混雑情報&おすすめの時間帯

滞在時間は2時間~3時間が目安です。特にお茶やランチができるお店は混雑が激しく、休日の昼間にお店に入るには3時間待ちということもあります。

「南町田グランベリーパーク」の割引情報/ 交通系ICカードをタッチしてクーポンゲット!

インフォーメーションコーナーの中に設置された端末に交通系ICカードをタッチすると1日1回クーポンが発行されます。

「南町田グランベリーパーク」の誕生日特典/対応なし

誕生日特典はありません。(2019年10月現在)

南町田グランベリーパークの「3つのエリア」の楽しみ方

【3つのエリア】
①ショッピングモール「グランベリーパーク
②「スヌーピーミュージアム」のある「パークライフ・サイト
③「鶴間公園

商業施設「グランベリーパーク」

商業施設「グランベリーパーク」は、「ウェルカムプラザ」「グランベリープラザ」「シアタープラザ」「マーケットプラザ」「パークプラザ」「オアシスプラザ」「アートプラザ」の7つのプラザから構成されています。

1.ウェルカムプラザ

「南町田グランベリーパーク」の駅前のエリアです。改札を出ると目の前にはスヌーピーのスタチュー(彫像)が設置され、待ち合わせをする人でにぎわっています。

2. グランベリープラザ

「南町田グランベリーパーク駅」の「グランベリーパーク口」を出て直進したところにある広場です。ショッピングモール「グランベリープラザ」の入り口にあたるエリアです。

黄色の首輪をしたスヌーピーのスタチューとグランベリーパークの立体ロゴが目印です。

3. シアタープラザ

「109シネマズ」などのある「シアタープラザ」の入り口エリアです。大きなヴィジョンが設置され、通る人を映し出します。いつ訪れても子供たちが画面に向かって手を振って遊んでいる様子が見られます。

4. マーケットプラザ

飲食関連の小さなショップが集まったフードコートのような「ギャザリングマーケット」などで買い物したフードなどを食べたりして楽しめるコーナーです。

5. パークプラザ

「グランベリーパーク」と「鶴間公園」の間にあるエリアです。

6. オアシスプラザ

ファミリーフレンドリーなフードコートや子供向けのショップが集まった「キッズディスカバリー」の前の広場です。2階からの大きな階段が広がり、冬季はアイススケートのリンクも設置されます。

7. アートプラザ

アート関連のイベントの開催が予定されるエリアです。

パークライフ・サイト

「パークライフプラザ」は、「スヌーピーミュージアム」、「ピーナッツカフェ」、「まちライブラリー」、「こどもクラブ」で構成されるエリアです。

スヌーピーミュージアム

ピーナッツカフェ

まちライブラリー

こどもクラブ

鶴間公園

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

ページ上部へ戻る