【アクアワールド・大洗】約15,000匹のイワシが大水槽で力強く群れ動く! 「IWASHI LIFE(イワシ ライフ)」

こんにちは! 楽しく遊んで学力を伸ばす情報を紹介する@activekidsueduです 。今回は、アクアワールド茨城県大洗水族館は開館20周年記念特別事業の第1弾「IWASHI LIFE(イワシ ライフ)」を紹介します。
約15,000匹のイワシの群れとライトアップが織りなす動く美しいパフォーマンスです。ぜひチェックしてくだいさいね。このサイトの最新の情報は@activekidsueduをフォローしていただくとお届けできます。ぜひフォローをお願いします。

IWASHI LIFE(イワシ ライフ)とは?

2022年3月21日、アクアワールド茨城県大洗水族館は開館20周年を迎えます。これを記念した特別事業の第1弾として、約15,000匹のイワシが群れ動くパフォーマンスが「IWASHI LIFE(イワシ ライフ)」です。茨城県沖の親潮と黒潮が交わる「潮目」を表現した水量1,300トンの「出会いの海の大水槽」において、イワシたちが光とBGMに合わせて躍動する大迫力のパフォーマンスは圧巻。

舞台となる「出会いの海の大水槽」は、総水量1,300tを誇り、「茨城の海との出会い」をコンセプトとした展示の目玉として、平成14年の開業以降、長きにわたり来館者の皆様に親しまれてきたものです。

この中を泳ぐのは、茨城県が全国一の漁獲量を誇る「イワシ」。このイワシにスポットライトを当て、当館では過去最多となる約15,000匹の飼育に取り組み、出会いの海を力強く泳ぎ回るイワシの群れを主役として光とBGMの躍動感溢れる演出を加えています。

自然界の過酷な環境をイワシたちが日々たくましく生き抜く姿を、当館の水槽展示を通して身近に感じ、生命の尊さを感じていただくというコンセプトのもと「IWASHI LIFE(イワシ ライフ)」と命名いたしました。

ポイント(1)『生命の躍動感』

普段の展示では見ることができないような、自然界でのイワシ本来の力強い動き、水中での「生命の躍動感」を最大限に表現できるような照明及びBGM演出を施すことにより、海中でイワシたちが生活する「日常=LIFE」をじっくりと堪能できます。

被食者であるイワシたちが、食物連鎖の世界を日々生き抜くドラマティックな姿を本パフォーマンスで感じられます。

ポイント(2)イワシは実は強い?

イワシは魚へんに「弱」と書くように、海の生態系の中では被食者の立場であり、海中では群れをつくって敵(捕食者)を避けながら生活をしています。大きな塊の群れをつくるのは、イワシが個々に狙われる確率を下げるためと言われています。一方で、水槽で展示するイワシたちにエサを与えると、水面で波しぶきを上げながら一斉に激しく泳ぎ回る光景を目にすることができます。このパフォーマンスでは、弱者と思われがちなイワシが、幻想的な照明に照らされながら水槽全体を力強く躍動する、普段とは違った「強い」姿が見られます。

ポイント(3)茨城県沖はイワシが豊富

茨城県沖は、親潮と黒潮が交わる「潮目」と呼ばれる海域であり、プランクトンが豊富であるため多くのイワシが生息する豊かな漁場です。大洗町は、江戸時代に新たな漁法が伝えられたことにより、イワシ漁が盛んに行われてきました。茨城県はマイワシの漁獲量日本一を誇り、太平洋一面に豊かな漁場が広がります。

【「IWASHI LIFE(イワシ ライフ)」】
(1) 開催場所
2階「出会いの海の大水槽」
(2) 開催時間
1回目 10:00~
2回目 12:00~
3回目 14:00~

(1) 営業時間
9時~17時(最終入館時間は16時)
※5月13日(木)は9時~16時(最終入館時間は15時)の営業となります。
(2) アクセス
〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
<お車でお越しのお客様>
東水戸道路・水戸大洗ICより約7km、約15分間
<電車でお越しのお客様>
・ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅下車、バスで約6~7分
・鹿島臨海鉄道 大洗駅下車、バスで約15分

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

ページ上部へ戻る