【鴨川シーワールド】海中を飛ぶように泳ぐ鳥! エトピリカの卵が孵化!

鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、2020年8月10日(月)、8月11日(火)に孵化した2羽のエトピリカのヒナが順調に育っています。公開は10月が予定されています。詳しく紹介します。

✅割引クーポンと口コミをアソビューでチェック

エトピリカとは?

エトピリカは北太平洋の亜寒帯域に広く分布するウミスズメ科の海鳥の仲間で、日本では北海道東部の沿岸に生息しています。「くちばし(etu)が美しい(pirka)」という意味を持つアイヌ語が名前の由来で、その名の通り、体長40㎝ほどの黒い小柄な体に、大きく目立つ色鮮やかなオレンジ色のくちばしをもっています。夏と冬の季節ごとにくちばしの色や顔から胸にかけての羽の色が変化し、中でも夏季に頭部を彩る華麗な飾り羽は印象的で、その姿から「花魁(おいらん)鳥」の異名を持つことでも知られています。

✅割引クーポンと口コミをアソビューでチェック

鴨川シーワールドの「ピリカの森」の水槽は生息地である北海道の海を再現し、まるで森のように配置された昆布の中を約800匹のサケが泳ぎ、その中でエトピリカが自由に生活をする姿を観察することができます。エサを求めて水中に潜り、翼をはばたかせて自由自在に泳ぎまわる姿は、海の中を飛んでいるかのようです。

✅割引クーポン&口コミをじゃらんでチェック

鴨川シーワールドのエトピリカ孵化後2週間の様子

生後2週間経ったエトピリカのヒナの体重は約300gで、性別はまだわかりません。

全身がふわふわの黒い綿羽におおわれ、エトピリカの特徴であるくちばしは、親鳥の色鮮やかなオレンジ色に対し、黒っぽい色をしています。普段は施設内の巣箱の中で親鳥とともに1日を過ごしています。

鴨川シーワールドのエトピリカ孵化後約1カ月の様子

生後1ヶ月を迎えたエトピリカのヒナの体重は約500gで、性別はまだわかりません。1日に3回、飼育員の手からエサの魚を食べて、日に日に成長をしています。

ヒナは全身がふわふわの黒い綿羽におおわれ、特徴であるくちばしは、親鳥が幅広で色鮮やかなオレンジ色をしているのに対し、細長く黒っぽい色をしています。普段はポーラーアドベンチャー「ピリカの森」に設置した巣箱の中で親鳥とともに1日を過ごしています。

エトピリカは生後約2ヶ月で巣立ちをするため10月上旬に公開が検討されています。

✅割引クーポン&口コミをじゃらんでチェック

✅鴨川シーワールドの割引クーポンや詳細

店名鴨川シーワールド(かもがわシーワールド)
利用法水族館・自由研究
住所〒296-0041 千葉県鴨川市東町1464番地18
電話番号
じゃらんクーポン&口コミ✅割引クーポン&口コミをじゃらんでチェック
アソビュークーポン&口コミ✅割引クーポンと口コミをアソビューでチェック
HISクーポン&口コミ✅割引クーポンと口コミをHISでチェック

お出かけクーポンを探そう!

遊園地や水族館、動物園はもちろんアスレチックやレストランへ出かけるときも、お出かけ前はクーポンをチェック!

お得にお出かけしちゃいましょう!

お出かけクーポン

✅お得な宿泊情報はじゃらんでチェック!

✅じゃらんクーポンをチェック!

✅理科や算数の興味を引き出す記事

関連記事

コメントは利用できません。

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

ページ上部へ戻る