【京都・ホテル】子どもと祇園を住むように楽しむ「星野リゾートOMO5京都祇園」アメニティや朝食どうする?

  • 2022/1/6
  • 【京都・ホテル】子どもと祇園を住むように楽しむ「星野リゾートOMO5京都祇園」アメニティや朝食どうする? はコメントを受け付けていません

京都へ観光旅行に出かけたら、京都の中心地・祇園に住むように宿泊して人気の神社やレストランなどを訪れたい! という人には「OMO5京都祇園 星野リゾート」への宿泊がおすすめ! 価格も比較的リーズナブルで部屋も星]野リゾートらしいオシャレなアメニティやしつらえがあります。またミニキッチンもついているのでテイクアウトしたものをお部屋でのんびり楽しむこともできます。
実際にどんな部屋なの? アメニティなどを詳しく紹介します。

「星野リゾートOMO5京都祇園」とは?

「OMO(おも)」 とは、星野リゾートの都市観光のホテルのブランド名です。「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる」宿泊体験ができるホテルを目指して運営されています。

星野リゾートOMO5京都祇園」 は、「OMO3(おもすりー)京都東寺」「OMO5(おもふぁいぶ)京都三条」に続き、京都では3軒目の「OMO(おも)」シリーズのホテルで、祇園は八坂神社の交差点のすぐわきにあります。

入口は四条通沿いに面してあり、周囲には、水茶屋(みずちゃや)や旅籠(はたご)、芝居小屋にはじまり発展した、花街ならではの華やかな街並みが広がります。

京都の地元の人々がお祝いごとの際に訪れる老舗でお茶やお買い物体験! 夜更けまで賑わうディープで粋なお店でのグルメ体験! 一日のはじめには寺社をおまいりの無料ツアー体験! など、立ち寄るだけでは分からない祇園の楽しみを滞在しながら体験できるホテルです。

ロビーの壁面には京都の町ガイドがオシャレに展示されています。

また宿泊者にや無料・有料の暮らすように京都を楽しむツアーやイベントが用意されています。

今回は、2月1日の家族4人の宿泊で1人1万円ほどの素泊まり体験の記録です。別記事では毎朝開催されている無料の京都の町歩きツアーも紹介します。

「星野リゾートOMO5京都祇園」の307号室に宿泊体験! どんなお部屋だった? アメニティは?

宿泊した部屋は3階の角部屋の307号室。日本の粋な雰囲気の壁紙とブルーの内装が出迎えてくれます。

玄関からもちろんバリアフリー。

4人滞在できる部屋は手前にダブルの布団が、奥にはベッドになるソファーとダイニングテーブルがあります。

「星野リゾートOMO5京都祇園」のミニキッチン

ミニキッチンには冷蔵庫、電子レンジ、シンクが設置され、電気式の湯沸かし器もあります。

また、シンクしたには食器やお箸なども設置されていました。

「星野リゾートOMO5京都祇園」の洗面所とお風呂

洗面所には人数分のタオルとバスタオル、歯磨きとカップがあります。シャンプーやソープは小分けのアメニティではなくディスペンサー形式です。

浴衣やパジャマは設置されていないのでロビーで300円でレンタルをするか、持参して宿泊します。

お風呂はユニットバスではなく分譲マンションの浴槽のようなものでした。大浴場や温泉はないので、滞在中はこちらの浴槽を使用することになります。

「星野リゾートOMO5京都祇園」の客室には電話はなし!

フロントなどへ電話をする電話機の設置はなく、各階のエレベータホールに横に設置された電話でフロントに電話をします。フロントからの折り返しの電話は予約時に登録したケータイ電話にありましたが特に問題は感じませんでした。

「星野リゾートOMO5京都祇園」のトイレ

トイレもシンプルなデザイン。

部屋全体がシンプルでオシャレにまとめられていました。

チェックインからお部屋までをチェック!

チェックインは予約時に配布されたQRコードで行います。

チェックインをすると滞在期間だけつかえるカードキーが2枚発行されます。部屋だけでなく館内のロックされた場所はこの鍵で出入りします。

ロビーでは祇園エリアの簡単な説明と館内の様子の説明を受けます。

おすすめスポットのQRコードを読み取るとお店の紹介をスマホで確認できます。「るるぶ」「ことりっぷ」などのガイドブックにも必ず紹介されているちぇっくしておきたいお店がいっぱいです!

一部屋ひとつづつ紅白の玉のプレゼントをいただきます。

中にはバスソルトや小分けのお菓子が。

ルームウェアは1着300円。

ロビーでレンタルしそばにおいてあるボックスに自分で300円を入れます。

歯ブラシ、シェーバー、ブラシ、耳かきなどのアメニティも足りない分や子供用が必要な場合はこちらから自分で部屋に持ち帰ります。

お湯と水のディスペンサーも設置。

ここでお茶を入れて部屋に持ち帰ることもできます。

ジュースやスープの自動販売機も設置されていました。

6Fには水を使わずに洗うタイプの洗濯機と乾燥機が設置されているのも数日滞在しながら楽しむときにはうれしいポイントです。

朝食・昼食・夕食はどうする?

朝食はパン焼き機と焼き立てパンを作る粉など一式が届くセットを注文することもできましたが、ホテルを出てすぐ右手にある「志津屋 祇園店」で家族それぞれが好きなパンをテイクアウトしました。

志津屋は京都の老舗のパン屋さんでドイツ風瑠蘭スパンにハムと玉ねぎを挟んだ「京かるね」や「元祖カツサンド」などで知られるお店です。

ほとんどのお店が10時か11時オープンの中で8時にオープンしていたためたすかりました。

店内にはイートインスペースや電子レンジも設置されていますが、ホテルに電子レンジがあったためお持ち帰りしました。

コーヒーは八坂神社の左手にあるファミリーマートでテイクアウト。志津屋 祇園店は8時~20時までの営業なので前日にパンを買っておくのもおすすめです。

「星野リゾートOMO5京都祇園」 の駐車場は?

「星野リゾートOMO5京都祇園」 には駐車場がありません。四条通りをはさんで反対側のもとの祇園ホテル、現在のアパホテルの下のスターバックスの横を入ると2つの駐車場があります。

右手にあるのが「パラカ祇園南側第1パーキング」最大2,800円。

左手にあるのが「e-parking アパホテル京都祇園エクセレント」です。

どちらかの駐車場に停めてホテルまでは歩いて約3分ほどです。

✅京都を楽しむ記事

activekids子供学び・遊びHACK!編集部

投稿者プロフィール

子供の教育、おでかけ関係のメディアを20年にわたり運営しています。実際に取材したおでかけ先は200を超えます。
親子のお出かけや学びが豊かになる情報を発信していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

ページ上部へ戻る