【2023関東の海上アスレチック】大興奮のウォーターパーク 口コミ・年齢制限・オープン日

夏を満喫するときにぜひ挑戦してほしいのが海の上のフロートでアスレチックを楽しめる海上アスレチック! 関東エリアの注目の海上アスレチックの年齢制限や口コミなどを、子供向けの教育&お出かけ情報編集一筋の10年超えの、にこにこママが紹介します。

2022年の海上アスレチックウォーターアスレチックのオープンは終了しました。
オープン期間中にたくさんの方にみていただきましてありがとうございます。
2023年のオープン情報は更新され次第こちらのページも順次更新してお届けします。
ぜひブックマークをしておいてくださいね。

海上アスレチック(海上ウォーターパーク)とは?

海上にアスレチックフロートを設置したもの。海水浴場の沖合に設置されることが多く、フロートまでは自分で泳いでいく必要があるため、小学生以上や身長110センチ以上などの年齢や身長の制限が設定されています。
でかける前には、必ず制限をチェックしてでかけましょう!

【海上アスレチック・ウォーターパークのポイント】
年齢・身長制限がある
天候によって中止になる
危険と隣り合わせの大興奮レジャーである

海上アスレチックはおでかけ前に情報発信ツイッターチェック

海上アスレチックなどのウォーターパークは、高波や天候により運営が中止されることがよくあります。

情報発信は専用ツイッターフェイスブックで発信されることが多いので、確認して出かけるのがおすすめです。

この記事では紹介するウォーターパークの情報発信リンクを設置しています。最新の運営状況はそちらをまずチェックしてくださいね!

海上アスレチック・ウォーターパークに子供と行くときに注意したいことは?

海上アスレチックは猛烈な興奮と同時に危険と隣り合わせのレジャーで、何度か深刻な事故も起こっています

また、滑り台から海へ飛び込むなどの部分では怖がる子どももよく見ます。時間入れ替え制のため入った瞬間から楽しんでほしいと思いますが、水上のフロートは想像以上に不安定! 海に落ちることを怖がってなかなか前へ進めない子供もよく目にします。子供のペースを見極めながら絶対に目を離すことなく楽しみたいですね。

海上アスレチックやウォーターパークの危険な点を以下の記事で紹介しています。ぜひチェックしてください!

\行く前に知っておいてほしいこと/

海上アスレチック・ウォーターパークの持ち物は?

海上アスレチックやウォーターパークはカメラなどの持ち込みはできませんが、水泳ゴーグルウォーターシューズラッシュガードアウトドアハットなどは是非身に着けておきたいです。

ウォーターパークは海に落ちることも楽しむアクティビティなので、海の中で目を開けるのが苦手な人は、水泳ゴーグルがある方が快適に遊べます。

フロートの上で滑る時に思った以上にむき出しの肌がすれるので、長袖のラッシュガードがあれば、ぜひ持っていきましょう。

また陽射が強いのでアウトドアハットをかぶっている人も多く見られました。激しく動くのでキャップではなく紐がついたハットのほうがおすすめです。

フロートの上が太陽の熱で温められるのが気になる人の中にはウォーターシューズを履いている人もいました。ゴールやラッシュガードに比べてウォーターシューズやアウトドアハットは必須ではないと感じています。

ウォーターパーク(水上アスレチック)の持ち物
水泳ゴーグル(アマゾンタイムセールへ)
ウォーターシューズ(アマゾンタイムセールへ)
ラッシュガード(アマゾンタイムセールへ)
アウトドアハット(アマゾンタイムセールへ)

子供と海上アスレチックに行くときに考えたい子供の年齢のこと

海上アスレチックはその見た目のキャッチーな様子と裏腹に大人でも怖がる人もいるアスレチックです。

同じようなふわふわ遊具が陸上にあればその上を子供が走り回っているのをよく見ますが、沖合のウォーターアスレチックのフロートを遠くから見てみていると、走っている子供も大人もほとんどいません

走ることが禁止されている場合もありますが、実際には不安定なフロートの上を走り回って遊べる子はほとんどいません。

不安定なフロートの上からすぐに海に落ちてしまうからです。

落ちる場所は足が絶対につかない海の上で、溺れることはなくても落ち方によっては鼻から海水が入ってしまうことも。

落ちた時には数カ所設置されている上陸スポットまで泳いで行って体を自分の腕の力で持ち上げます。

我が家の子供たちは小学校卒業までは怖がって楽しむところまで行けませんでしたが中2ぐらいからは、自分でフロートや自分のコンディション、泳ぐ力を見ながら満喫する様になりました。

満喫出来ず恐怖を感じる子供の中には、途中リタイアしてボートで戻してもらう子を見ることもあります。

海岸から10メートルを写真で見て「近い」と感じたひとも、実際に目の前にするとあそこまで泳いで行くのか、、、とたじろぐ気持ちがゼロではなかったけれどやってみたら楽しかった! という声もよく聞きます。

海上アスレチック(ウォーターパーク)は、肉体的にも精神的な成長と、泳ぐ経験値があるところに達した時から、突然興奮とワクワクが爆発する体験ができるようになるタイプのアトラクションです。

不安がある時には、記事下で紹介している浜辺と海上の両方にフロートを設置している勝浦ウォーターパークや、子供が楽しめるタイプの水上アスレチックを選んでいくのがおすすめです。

子供向けにおすすめの水上アスレチックは別の記事で紹介します。

海上アスレチック・ウォーターパークの選び方

この記事では以下の海上アスレチック(ウォーターパークを紹介しています)。

【この記事で紹介している関東の海上アスレチックウォーターパーク】
●神奈川エリアの人ならココ!逗子ウォーターパーク 
海水浴と一緒に楽しみたいならココ!熱海ウォーターパーク 
比較的空いているのはココ!伊東ウォーターパーク 
幼児連れなら絶対ココ!勝浦ウォーターパーク 

関東のウォーターパークの中で小さな子供と行くのであれば、やはり勝浦ウォーターパーク(千葉県)が一番おすすめ! おすすめな理由は砂浜に幼児向けの水遊び用のエリアがあるためです。

逗子ウォーターパーク、熱海ウォーターパークは幼児エリアはありませんが、海水浴場に設置されているため、幼児の兄弟が砂浜で大人と待っている分には手持ち無沙汰になることはありませんし、神奈川や横浜エリアからはこちらの方がアクセスがよい点は魅力です。

熱海サンビーチ ウォーターパーク2023 オープン&年齢制限は?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d18653-279-7b35a9eb4c659fe846f8-4.jpg
行く前にチェックしたいポイントポイント情報
海上アスレチック(ウォーターパーク名)熱海サンビーチ ウォーターパーク
いつから?いつまで?例年7月半ばから8月後半まで
何歳から?小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴)
何県? 住所は?静岡県熱海市東海岸町地先
情報発信ツイッター中止などは「熱海ニュース」に掲載

\たくさんの写真と詳細はリンクをチェック/

逗子ウォーターパーク2022 オープン&年齢制限は?

行く前にチェックしたいポイントポイント情報
海上アスレチック(ウォーターパーク名)逗子ウォーターパーク2023 
いつから?いつまで?
何歳から?対象年齢は小学生(6歳以上)以上です
何県? 住所は?
情報発信公式ツイッター中止になる場合はツイッターに掲載
逗子海岸ウォーターパークのツイッター

\たくさんの写真と詳細はリンクをチェック/

伊東ウォーターパーク 2023 オープン&年齢制限は?

海上アスレチック(ウォーターパーク名)伊東ウォーターパーク
いつから?いつまで?2023年の運用は未発表
何歳から?
何県? 住所は?
情報発信ツイッター

\たくさんの写真と詳細はリンクをチェック/

勝浦ウォーターパーク オ2023 オープン&年齢制限は?

全国のウォーターパークのなかでも、砂浜に幼児向けのウォーターパークを設置する貴重な海上アスレチックです!

行く前にチェックしたいポイントポイント情報
海上アスレチック(ウォーターパーク名)勝浦ウォーターパーク2023 
いつから?いつまで?例年 7月13日ごろオープン
何歳から?6歳以上身長110㎝以上
何県? 住所は?
情報発信フェイスブック中止になる場合はフェイスブックに掲載
https://www.facebook.com/katsuura.water.island/

\たくさんの写真と詳細はリンクをチェック/

勝浦ウォーターパーク直結の「三日月シーパークホテル勝浦(旧勝浦ホテル三日月)」がスゴい!

勝浦ウォーターパークは「三日月シーパークホテル勝浦(旧勝浦ホテル三日月)」目の前の勝浦中央海水浴場に設置されています。

ホテルに宿をとれば、ウォーターパークはもちろん、上の写真の「アクアパレス」などと合わせてのんびりと過ごせます。

アクアパレスは水着を着て入れる海を臨むプールもある屋外温泉。幼児向けの料金設定もあるので、家族で楽しめます。三日月シーパークホテル勝浦(旧勝浦ホテル三日月)、お得な割引プランの多いホテルなので、詳しいプランは以下のリンクからぜひチェック!

\お得なサイトをチェック/

ウォーターパーク(水上アスレチック)の持ち物
水泳ゴーグル(アマゾンタイムセールへ)
ウォーターシューズ(アマゾンタイムセールへ)
ラッシュガード(アマゾンタイムセールへ)
アウトドアハット(アマゾンタイムセールへ)

水上アスレチック・海上アスレチックの危険ポイントと事故を防ぐために気を付けたいこと

2019年8月、フロート型の水上アスレチック(海上アスレチック)の下に入り込んでしまって溺死した小学生の女の子の事故が起こりました。

楽しいアクティビティには危険もあります。出かける前にチェックしたいポイントとは?

\行く前にぜひ読んで欲しい大切なこと/

1人でも参加できる! 関東の地引網スポットガイド こんな楽しみ方もしてみたい!

毎日、市場に出す魚を捕るために「地引網」を行っているところがり、申し込みをして朝一の漁の時間に出かければ、個人でも地引網を体験することができます! そんな注目の「地引網」体験をできるスポットは以下のリンクをチェック!

\地引網は楽しいよ!/

夏休みを満喫! 夏のおでかけスポットに迷ったらこちらをチェック!

夏休みを子供と思いっきり楽しみたい! というときにぜひチェックしたいおすすめのスポットやイベントは以下のリンクをチェック!

\夏を思いっきり楽しみたいときはこちら/

activekidsにににこママ研究員(子供遊び・学びHACK!研究所)

投稿者プロフィール

子供の教育、おでかけ関係のメディアを20年にわたり運営しています。実際に取材したおでかけ先は200を超えます。
親子のお出かけや学びが豊かになる情報を発信していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 子供映画特集
  1. 子供映画特集

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

ページ上部へ戻る