【口コミ&見どころ】「ロマンスカーミュージアム」徹底ガイド 予約方法も!

こんにちは! 楽しく遊んで学力を伸ばす情報を紹介する@activekidsueduです 。今回は 「ロマンスカーミュージアム」いよいよオープンを紹介します。
「子ども」 も「 大人 も楽しめる鉄道ミュージアムをコンセプトにした小田急電鉄初の屋内常設展示施設です。ぜひチェックしてくだいさいね
このサイトの最新の情報は@activekidsueduをフォローしていただくとお届けできます。

「ロマンスカーミュージアム」とは?

小田急電鉄株式会社が、小田急線海老名駅隣接地にオープンした「子ども」 も「 大人」 も楽しめる鉄道ミュージアムです。

「ロマンスカーミュージアム」の口コミをチェック!

<予約方法について>

新型コロナウイルス感染症対策の観点から、当面の間、入館は日時指定の完全予約制として、予約が無い方は入館できません。

入館時間

10時から15分ごと(最終の入場は17時30分です)
※時間ごとにご予約できる定員数が異なります。また、入替制ではありません。

予約方法

ロマンスカーミュージアムWEBサイトから予約
予約は1カ月先まで可能。
予約は1カ月前の12:00から受付開始

1階から順番に、「ロマンスカーミュージアム」の注目コンテンツをチェック!

(1)ヒストリーシアター

小田急線開業当時の車両「モハ1」とともに、小田急電鉄のはじまりと歴史、数々の時代をかけぬけた特急ロマンスカーの誕生と進化の軌跡をたどるシアター。小田急電鉄の3つの行動指針である「真摯・進取・融和」を、軽快なタップダンスとジャズの音楽で演出・表現したショートムービー「ロマンスカーは走る」を投影します。
※展示車両:モハ1

(2)ロマンスカーギャラリー

まるで検車庫の中を探検しているかのような雰囲気の車両展示室に、時代を彩ったロマンスカー5車種を常設展示。通常は見ることのない車両の足元までを含め、至近距離でロマンスカーを鑑賞し、歴代のロマンスカーを見比べることができます。また、HiSE(10000形)とRSE(20000形)は車両内に入ることもできます。
ロマンスカーを見ながら旅の思い出に浸ったり、家族での会話を楽しめるよう椅子やテーブルも設置しています。
※展示車両:SE、NSE、LSE、HiSE、RSE

(3)ロマンスカーアカデミアⅠ

ロマンスカーの歴史や小田急電鉄のあゆみを伝える展示エリア。小田急電鉄の歴史をまとめた企業年表や、小田急電鉄の一大事業であった複々線化事業を学べる模型を展示します。講演やワークショップ、学校団体向けの学習スペースとしても活用します。

2階エリアの注目コンテンツをチェック!

(4)ジオラマパーク

新宿から箱根までの沿線の多様さを表す約190㎡の巨大なジオラマです。通常時には、背景のパノラマスクリーンに流れる「時間」をテーマにした映像と照明やジオラマの建物の光が連動。

刻々と移り変わる沿線の街並みの中をロマンスカー(10車種)と通勤電車(5車種)が走るジオラマ展示をご覧いただけます。合間には、映像×音響×照明で演出するジオラマショー「時間と距離のロマンス」を実施。

パノラマスクリーンの演出とこのジオラマのために創られたオリジナルソング、ジオラマへのプロジェクションマッピングのほか、ロマンスカーと通勤電車の走行、ジオラマの建物の照明演出などが融合した、ダイナミックなショーをお楽しみいただけます。迫力のあるジオラマの全景を俯瞰でご覧いただける、階段状になったデッキスペース「ジオラマビューテラス」も設けています。
※ジオラマ運転体験 1回3分 100円

(5)キッズロマンスカーパーク

男の子も女の子も夢中になって楽しめる、キッズスケールの7つの車両を立体的に組み合わせた子どものための空間。できる動きや体力も異なるさまざまな年齢の子どもたちが、それぞれに楽しめる遊びが車両内に散りばめられており、各エリア間は自由に行き来することができます。
キッズロマンスカーパークの中央には、紙でつくられたキッズジオラマが広がり、工作してつくる自分だけのペーパートレインを走らせることができます。
※ペーパークラフト体験 1回 500円
※ペーパークラフト体験 1回 500円

(6)ロマンスカーアカデミアⅡ

鉄道会社のまちづくりや運転士の仕事について理解を深めることができるエリアで、インタラクティブアート“電車とつくるまち”、ロマンスカーシミュレーター“LSE(7000形)”の2つのコンテンツがあります。

インタラクティブアート“電車とつくるまち”は、壁に投影された映像に手をかざすと動きに合わせて線路が引かれ、まちができていく体験型デジタルコンテンツです。
ロマンスカーシミュレーター“LSE(7000形)”は、LSEの実際の運転台で使用していた機器を活用した電車運転シミュレーターです。秦野→本厚木、本厚木→町田、成城学園前→新宿の3コースを用意しており、実写映像によるリアルな運転体験ができます。(※有料コンテンツ)
なお、利用は当日抽選制となります。来館後、時間帯ごとの抽選で当選人のみ体験できます。

※ロマンスカーシミュレーター“LSE(7000形)”1回 500円
※ロマンスカーシミュレーター“LSE(7000形)”1回 500円

(7)ミュージアムショップ「TRAINS(トレインズ)

キッズロマンスカーパークの隣、小田急電鉄オフィシャルグッズショップ「TRAINS(トレインズ)ロマンスカーミュージアム店」では、開業記念商品やミュージアムでしか手に入らない限定商品も販売。模型や玩具、雑貨など、小田急グッズが並びます。

(8)カフェ「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE」(ロマンスカーミュージアムクラブハウス)

エントランス左側にはロマンスカーを愛する人たちなどが集う場となれば、という想いを込めたミュージアムカフェも注目! 入場無料で気軽に利用できます。ロマンスカーのように、日常利用もできながら特別感を味わえるカフェとして、プレミアムなホットドッグを中心に、クラフトビールやスイーツなど沿線食材を採り入れたメニューを取り揃えます。かつて、ロマンスカーで提供され親しまれていたシートサービス「走る喫茶室」当時のメニュー「クールケーキと日東紅茶のセット」を再現しています。
※席数 60席 / 営業時間 10:00~20:00(不定休)

3階屋上エリアからのビューも注目

(9)ステーションビューテラス

海老名駅を通過・停車するロマンスカーが見渡せるテラス。ロマンスカーの時刻表を掲示し、さまざまな種類のロマンスカーを待って楽しむことができます。

(10)幼児向け設備

みんなのトイレや授乳室、ベビーカー置き場のほか、エレベーターやスロープ等を完備しています。ユニバーサルデザインによる施設です。

【施設の概要】
●名称
ロマンスカーミュージアム
●コンセプト
“ 子ども” も“ 大人” も楽しめる鉄道ミュージアム
●ロゴマーク
「ロマンスカー(Romancecar)」や「鉄道(Railway)」の頭文字である「R」をベースに、「トンネルを通過する『流線形の列車=ロマンスカー』」を表現しました。また、積み木のようにシンプルな形状を組み合わせることで、「親しみやすく、子どもたちのインスピレーションをかき立てる存在でありたい」との想いを込めています。

●開業日
2021年4月19日(月)
●住所
神奈川県海老名市めぐみ町1-3
●営業時間
10:00~18:00 (最終入館17:30)
※季節によって変動する場合があります
●料金
大人(中学生以上)・・・900円
子ども(小学生)・・・400円
幼児(3歳以上)・・・100円 ※3歳未満は無料
●休館日
第2・第4火曜日
※別途休館日を設ける場合があります
●施設概要
(1)敷地面積:約4,000㎡(約1,210坪)
(2)延床面積:約4,400㎡(約1,330坪)
(3)構造規模:鉄骨造 地上2階建

こちらもチェック! 注目記事!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る