【水族館・バショウカジキ】超貴重な機会!アクアマリンふくしまで展示スタート! 2022年12月現在過去最高展示期間継続中→2022年12月19日死亡

  • 2021/9/23
  • 最終更新日: 2023.01.14

  • 【水族館・バショウカジキ】超貴重な機会!アクアマリンふくしまで展示スタート! 2022年12月現在過去最高展示期間継続中→2022年12月19日死亡 はコメントを受け付けていません
アクアマリンふくしま(潮目の海)
アクアマリンふくしま(潮目の海)

「アクアマリンふくしま」で貴重なバショウカジキの展示が2022年9月にスタート!

水族館での展示は困難が多く、前年の2021年には葛西臨海水族園の「大洋の航海者 マグロ」水槽でバショウカジキの展示がおこなわれるものの短い期間で死んでしまいました。

「アクアマリンふくしま」でもその前の2020年にバショウカジキの展示を行ったものの水槽にぶつかり約2カ月ほどで死んでしまいました

今回3度目の展示が行われ、過去最長展示記録を更新し、2022年12月19日(月)の朝に死亡が確認されました。次回の搬入の機会が待たれます。搬入された際にはぜひ見に出かけたいですね。

チケットを確実にゲット!はコチラ

「バショウカジキ」の展示とは?

アクアマリンふくしま(潮目の海)
アクアマリンふくしま(潮目の海)

日本の「バショウカジキ」の展示

●アクアマリンふくしま(2009年に約2か月間9/14~11/26)
●アクアマリンふくしま(2010年に約2カ月10/11~12/15)
●葛西臨海水族園(2022年9月→終了)
●アクアマリンふくしま(2022年9月~2022年12月19日)

アクアマリンふくしま(バショウカジキ)
アクアマリンふくしま(バショウカジキ)

高速で遊泳し、体表が傷つきやすいことなどから採集・運搬・飼育が非常に難しく、世界でも展示例はほとんどありません。

「バショウカジキ」とは?

アクアマリンふくしま(潮目の海)
アクアマリンふくしま(潮目の海)

学名 Istiophorus platypterus 英名 Indo-Pacific sailfish

成長すると全長約3m。芭蕉の葉のような大きな背びれを水面から出して高速で泳ぎ回ります。この背びれは、餌の魚群を威嚇したり、急停止や急旋回するときのパラシュート、ブレーキのような役割を果たしているとも考えられています

アクアマリンふくしまのバショウカジキ

国際自然保護連合(IUCN)は21日、世界の絶滅危惧種をまとめたレッドリストの最新版を公表した。日本に関連する生き物では、大きな背びれが特徴のバショウカジキや、渡り鳥のウズラシギが新たに絶滅危惧種と評価された。ともに3段階ある絶滅危惧種のうち3番目のランクとなった。

日経新聞

近年数が少なくなり、2022年7月21付の日経新聞では、上記のようにバショウカジキが絶滅危惧種に指定されたことを報じています

食性は魚食で、上あごの骨がのびた長い吻(ふん)を魚に打ち付けたりつついたりして餌をとります

カジキ類は世界中の温・熱帯海域外洋の表層域に分布し、日本近海では東北地方以南に6種類(バショウカジキ、フウライカジキ、マカジキ、クロカジキ、シロカジキ)が生息しています。

チケットを確実にゲット!はコチラ

マリンふくしまのツイッターにも、「バショウカジキが見られるのは世界でもここだけ」という表現が見られ、飼育員の皆さんの興奮も伝わってきます。

2022年9月~アクアマリンふくしまの「バショウカジキ」の様子

上のツイッターには魚の群れをかき分けてすすむカッコいいバショウカジキの映像が投稿されています。

アクアマリンふくしまのツイッターアカウントでは、バショウカジキの貴重な姿を伝えようとツイッターには次々と熱いメッセージとともに動画や写真がアップされています。

貴重なチャンスに混雑が予想されるので、あらかじめオンラインチケットを購入して出かけましょう。

チケットを確実にゲット!はコチラ

2021年9月~葛西臨海水族園の「バショウカジキ」の様子(現在は終了)

過去最高! 76日間のバショウカジキの展示継続中! アクアマリンふくしま!

2022年11月には、過去最高76日を迎えるバショウカジキの姿がツイッターに投稿されました! 飼育員さんの喜びの声にも熱がこもっていました。

チケットを確実にゲット!はコチラ

アクアマリンふくしまのカジキ類展示の挑戦

アクアマリンふくしま(バショウカジキ)
アクアマリンふくしま(バショウカジキ)

アクアマリンふくしまの黒潮水槽(水量約1,500㎡)では食物連鎖を展示テーマにしています。

カツオやマグロ類がイワシ類を襲うなど、自然の海で繰り広げられている「食う、食われるの関係を」水槽内で再現しています。

アクアマリンふくしま(潮目の海)
アクアマリンふくしま(潮目の海)

これまでクロマグロやキハダなどのマグロ類は各地の水族館で展示されてきましたが、カジキ類はまだ世界中の水族館でも成功していません。

アクアマリンふくしま(潮目の海)
アクアマリンふくしま(潮目の海)
アクアマリンふくしま(潮目の海)
アクアマリンふくしま(潮目の海)

沖合いで生活しているカジキ類は水族館にとって飼育困難生物の1つです。

マグロ類を採取する場合、日本各地の海にマグロの幼魚がいつ頃どのぐらいの量で回遊しているかは経験からだいたいわかっていますので採集は比較的容易です。

アクアマリンふくしま(バショウカジキ)
アクアマリンふくしま(バショウカジキ)

しかしカジキ類はそうはいきません。

バショウカジキの幼魚(体長約40センチ~1メートル)が夏から秋に黒潮や対馬海流に乗って南日本や日本海の定置網に入ることが知られているだけです。

そこで漁業者からの情報をもとに採集に出かけますがいつ入網するかわかりませんし、年に数尾しか入網しないときもあるため採集が困難です。

アクアマリンふくしま(バショウカジキ)
アクアマリンふくしま(バショウカジキ)

バショウカジキの「採集」

定置網漁に乗船して、バショウカジキの幼魚が入網していないか探します。バショウカジキの入網を確認すると少しずつ網を狭めて、水ごとタモ網ですくいあげ船の生け簀に収容します。

バショウカジキの「陸上輸送」

船内の生け簀ではバショウカジキを落ち着かせるために上部を遮光しました。生け簀内では、落ち着いた様子で壁面を認識しながら時々、背びれを広げて遊泳していました。

アクアマリンふくしま(バショウカジキ)
アクアマリンふくしま(バショウカジキ)

バショウカジキの「陸上輸送」

魚体を傷つけないように船内生け簀からはデリックダモで取り上げ、大型活魚トラックの水槽に収容した後、水族館まで輸送しました。輸送時間は約9時間。

水槽内でも落ち着いた様子で壁面を認識しながらゆっくり遊泳していました。

バショウカジキの「飼育」

2020年10月11日、水量約1,500㎡の黒潮水槽に一匹のバショウカジキを搬入しました。

水槽内には餌となるマイワシを一緒に泳がせたり空気の泡で壁面を認識させたりして飼育していましたが、残念なことにカジキ類の特徴である上あごが壁面に衝突した際に折れてしまいました。

幸いにも餌を食べることに支障はなく、成長とともに回復しないか観察したいと思います。

バショウカジキの「遊泳」

落ち着くとゆっくり遊泳し、水中でホバリングすることもあります。餌をとるために背びれや腹びれを広げて急停止や急旋回をしていました。

バショウカジキの「摂餌(せつじ)」

飼育3日目に水槽内のマイワシを食べるのが確認できました。大きな口でイワシつかまえ、餌を弱らせてから、くわえ直して頭から飲み込みます。

飼育17日目から飼育職員が与えるキビナゴも食べ始めました。

アクアマリンふくしまのお得なクーポンをチェック!

店舗名環境水族館アクアマリンふくしま
住所〒971-8101 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
営業時間3月21日~11月30日9:00~17:30 12月1日~ 3月20日9:00~17:00
定休日年中無休

水族館のお得なクーポンをチェック

せっかく水族館に行くなら、お得なクーポンは事前にチェック! 詳しくは以下のボタンから!

✅水族館を楽しむアイデア!

お得な宿泊情報はじゃらんでチェック!

じゃらんでホテルクーポンを探す

お出かけクーポンを探そう!

遊園地や水族館、動物園はもちろんアスレチックやレストランへ出かけるときも、お出かけ前はクーポンをチェック!

お得にお出かけしちゃいましょう!

お出かけクーポン探す

activekidsにににこママ研究員(子供遊び・学びHACK!研究所)

投稿者プロフィール

子供の教育、おでかけ関係のメディアを20年にわたり運営しています。実際に取材したおでかけ先は200を超えます。
親子のお出かけや学びが豊かになる情報を発信していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 子供映画特集
  1. 子供映画特集

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

ページ上部へ戻る