【おすすめ本】自由研究や理科の実験が楽しく!「理科がもっとおもしろくなる Scratchで科学実験」

こんにちは! 楽しく遊んで学力を伸ばす情報を紹介する、あたまが良くなる『お出かけ情報局』編集部です 。今回は,おすすめのスクラッチ本を紹介します。スクラッチを使って科学実験を楽しんじゃおう! という新しい試みの注目書籍です
最新の情報は@activekidsueduをフォローしていただくとお届けできます。ぜひフォローをお願いします。

書籍「理科がもっとおもしろくなる Scratchで科学実験」とは?


2021年5月19日(水)に株式会社誠文堂新光社から発売された書籍です。子どもたちがプログラミング学習で最初に触れることが多い初心者向けプログラミング言語の定番、Scratch(スクラッチ)のプログラムを使って、理科の実験や観察をもっと面白くする! というコンセプト。自由研究の参考にすれば一味違う自由研究ができちゃいます。

書籍「理科がもっとおもしろくなる Scratchで科学実験」のおすすめのポイントは?

おすすめポイント1.
小中学校の理科のいろいろなテーマを網羅!
おすすめポイント2.
スクラッチだけを使うものからmicro:bit(マイクロビット)を使うものまで多彩な提案がある!
おすすめポイント3.
スクラッチのプログラミングを通じて理科のセンスを養える

おすすめポイント1.小中学校の理科のいろいろなテーマを網羅!

小中学校理科・科学のいろいろなジャンル(物質の重さ、動植物の成長、体のつくりと運動、天気の変化など)の学習で使うことができる、スクラッチでのプログラミングと実験や観察の方法を具体的に紹介しています。登場する実験は全部で17種類!興味のある実験からはじめることができます。

スクラッチだけを使うものからmicro:bit(マイクロビット)を使うものまで多彩な提案がある!

スクラッチのプログラムだけでできる手軽な実験から、教育用マイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」のセンサーを活用した高度な実験まで紹介。micro:bitのプログラミングは拡張版のスクラッチ「Microbit More(マイクロビットモア)」を使って行うので、スクラッチの知識があればプログラミングができて、スクラッチに慣れている子がさらにスキルアップすることもできます。

スクラッチのプログラミングを通じて理科のセンスを養える

また、理科の知識やプログラミングのスキルが身につくだけでなく、実験や観察を通してプログラミングがどのように世の中活用されているかを実感しながら学んでいくことができます。

プログラミング教育には欠かせない、プログラミングに関するノウハウが充実した一冊です!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNS登録で最新情報が届く!

こちらもチェック!

楽しく「中学受験」!うれしい「合格」!
知識ゼロからの「中学受験」ガイド

ページ上部へ戻る